• Facebook Clean

© 2015 葉山歯科 

Tel

046-878-6810

デンタルニュース 7月号

July 1, 2019

ジメジメ雨が降ったり、急に暑くなったり、と天候が変わりやすい季節です。季節の変わり目で体調を崩さないよう、健康には気を付けたいですね♪

 

突然ですが、 ロコモティブシンドローム(運動器症候群) ってご存知ですか?
健康管理と言えばこれまではメタボ対策。でもこれからはロコモ(ティブシンドローム)予防だそうです。ということで、今月はこのロコモのお話。

 

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは?
略して「ロコモ」と呼ばれ、運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態のこと。

 

身体を動かすための組織や器管の障害、例えば骨折や関節リウマチなど疾患をきっかけに、
又は加齢に伴う筋力や体力低下などにより、日常生活の自立度が下がってしまいます。

 

それが寝たきりや介護の原因と考えられることから、ロコモ予防がいま注目されています。

 

ロコモを予防するには?
何より毎日の運動習慣とバランスの良い食生活です!
特に歯科で心配されるのは、年齢と共に歯周病が進行して噛めなくなり、お肉などの動物性たんぱく質を食べなくなること、家族が減ってついつい簡素な食事になり、エネルギー不足になってしまうことです。ですから、ロコモ予防には歯のお手入れも重要になってくるのです!

 

人間の体は、エネルギー不足になると筋肉を分解してエネルギーを作ります。そしてたんぱく質は筋肉を作るための材料です。ですから、エネルギーもたんぱく質もどちらも十分に取り、同時に筋肉を作る時に必要な栄養素、ビタミンB6も一緒に摂取することが重要になります。

 

<具体的な食材>
エネルギー: 炭水化物など        
たんぱく質: 肉、魚、卵、大豆、乳製品
ビタミンB6: 動物性たんぱく質、赤ピーマン、にんにくの芽、キウイ、バナナなど

 

たんぱく質とビタミンB6を摂取できるプラス1品
★まぐろのたたき★

【材料】

まぐろ  65g(刺身5~6切れ)
大根   40g(約3cm)
ポン酢  8g(小さじ1.5)
シソの葉   1枚
葉ねぎ  適量
わさび  適量 

 

【作り方】

① フライパンなどでまぐろの表面を軽く焼く
② 焼いたまぐろを食べやすい厚さにカット。元々カットされているものはそのままでOK
③ 大根はすりおろし、シソの葉は千切り、葉ねぎは小口切りにする
④ まぐろに③、ポン酢をかけ、わさびを添え完成!

 

カロリー:92.2kcal、たんぱく質:17.6g、脂質:1.0g、炭水化物:2.4g、ビタミンB6:0.57mg、食塩相当量0.5g
 

まぐろには良質なたんぱく質と、そのたんぱく質から筋肉を作るときに必要なビタミンB6も豊富に含まれています。この1品で成人1日の平均必要量のたんぱく質が約1/3、ビタミンB6は約半分摂取できますので是非お試しください。その他、栄養のご相談は受付まで♪
 

 

 

Please reload

タグ
アーカイブ
Please reload

葉山歯科 ブログ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now