• Facebook Clean

© 2015 葉山歯科 

Tel

046-878-6810

マウスピース矯正とは?

きれいな歯で

笑顔に自信を!

従来のブラケットやワイヤーではなく、目立たちにくい透明なマウスピースを装着し、何度か新しいマウスピースに交換しながら歯を移動させる比較的新しい矯正の方法です。葉山歯科では現在、マウスピース矯正の主流となっている「インビザライン」というアメリカのシステムを導入しています。

マウスピース装置なので、簡単に取り外しができます。また、透明で目立ちにくいのが特徴です。かなりの至近距離でないとマウスピースを着用していくことが分からないので、人にほとんど気付かれることなく矯正治療をすることができます。

食事中は取り外していただけるので、食べたい物がなんでも食べられます。また、食後の歯磨きや装置の洗浄も簡単に行うことができることから、従来のワイヤーを使う矯正方法に比べ、矯正治療中の虫歯や、歯周病のリスクを減らすことができます。

また矯正の装置が透明で目立ちにくいので、見た目が気になる方、また金属アレルギーの方にもお薦めできる治療方法です。 一方で、装置を装着する判断は患者様に一任されるため、装置を付ける時間が短すぎたり、装置が正しい位置に入っていなかった場合、治療期間が長引いたり、ご希望通りの治療結果にならないデメリットも存在します。

メリットとデメリット

メリット

● 透明なマウスピースなので、従来のワイヤーやブラケットのように目立たちません。

矯正治療中であることを周囲にほとんど気付かれずに装着可能です。
● 食事中に取り外しが可能なマウスピースなので、いつも通り普通に食事が出来ます。
● マウスピースを取り外して歯磨きしたり、フロスを使うことができるので、衛生的にお口の中を保つことが出来ます。結果として、矯正治療中のむし歯や歯周病のリスクを低く出来ます。
● 少しずつ歯の移動をさせるので、無駄な動きがなく、従来の方法に比べて痛みが抑えられます。
● 金属を使用しないため、金属アレルギーの方にも有効な矯正方法です。

● スポーツや音楽をしていて従来の矯正装置がつけられなかった方も使える矯正方法です。

● 治療計画をあらかじめプログラム上で確認できるので、矯正治療を始める前に自分の歯がどの位の期間で、どのように動いていくのか予測が出来ます。

● 2週間に1度、自宅で新しいマウスピースに交換していきます。ですから定期的な通院回数は、従来の方法に比べて少なくてすみます。

デメリット

● 歯の並び方によっては適応できない症例があり、どんな症例でもマウスピース矯正ができるわけではありません。
● 歯の移動の為にマウスピースを装着しますので、マウスピースを装着しなければ、歯は移動しません。基本的には食事と歯磨き以外はマウスピースを装着し続けて頂くことになります。会食が多いなど装着時間が取れない人には不向きです。
● 装置を付ける時間が短かったり、つけない期間があったり、正しい位置できちんと装置を装着しなかった場合、マウスピースが入らなくなることがあります。その場合、全部の装置の作り直しになり、治療期間が長くなってしまいます。
●下顎が小さく、噛む力が弱く、顎の位置が不安定な方には適用できません。

 

インビザラインについて

インビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジー社独自のシステムです。3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)などの最先端の技術を融合させて誤差のないマウスピース矯正装置を製作します。現在アメリカやヨーロッパをはじめ、世界中の患者様に使用されている矯正装置です。

 

3Dソフトを使用して、歯の模型をコンピューター処理し、治療開始から完了までの詳細な治療計画を作成します。(下図参照)

この治療過程は、コンピューターの画面上で3Dシミュレーション画像、動画として確認することができます。途中経過から治療終了後の歯の状態、治療にかかる期間も予めわかるので、安心して治療を受けて頂くことが可能です。

この治療計画に基づき、アライン・テクノロジー社が必要な全てのマウスピースをカスタムメイドします。

出来上がったご自分のマウスピースがアメリカから届いたら矯正治療のスタートです。

ステージごとのマウスピースをまとめてお渡ししますので、定期的な通院は通常の矯正治療より少なめな6~8週間ごととなります。

この定期健診では歯が順調に移動しているか、かみ合わせに問題ないかなどの確認、マウスピースの調整、歯のクリーニング、必要であれば虫歯の治療なども行います。

 

適応症例は広く、永久歯の生え揃っていない10代向けにも対応していますが、全ての症例に適応できる治療ではありません。

またマウスピースはアメリカで患者様ごとに作製されますので、治療開始までやや時間がかかり、その分費用もかかります。

​Q&A

Q:治療できる範囲は限られますか?

A:症例によってはお勧めできない場合もあります。まずは矯正相談でご予約ください。

お時間をお取りしてお口の中を拝見させて頂き、その上でご提案させて頂きます。

Q:治療期間はどの位になりますか?

A:現在のお口の状態と、治療計画などによって治療期間は変わってきます。

但し、従来の矯正治療とインビザラインの矯正治療では、ほとんど治療期間に変わりがないと報告されています。

またインビザラインの場合、治療計画が出来た時点で正確な治療期間が分かります。計画通りマウスピースの装着をされていれば、その治療期間で終了します。

Q:治療に痛みはありませんか?

A:痛みの感覚には個人差がありますが、マウスピース矯正は一般的に、従来の矯正装置に比べて痛みや不快感が少ないとされています。

Q:年齢に制限はありますか?

A:年齢制限はありません。

永久歯が完全に生え揃っていないティーンエイジャーの方もインビザラインによる治療が可能です。

その場合、乳歯から永久歯への生え変わりを考慮した治療計画を作成いたします。

 

Q:従来の矯正と比べてティーンエイジャーがインビザラインで矯正治療するメリットは何ですか?

A:矯正治療中もお口の中を健康な状態に保つことが出来るだけでなく、普段通りに近い生活を送ることが可能です。

マウスピースが透明で目立たないこと、取り外しが可能なことから、従来の矯正で心配されるスポーツや楽器演奏など、10代の矯正治療における様々なデメリットが軽減されます。

Q:マウスピースをなくしてしまった場合は、どうすればよいでしょう?

A:すぐにご連絡ください。治療の進行状況によって、なくしたマウスピースの代わりのマウスピースが届くまでの間、1つ前の治療ステージのマウスピースを装着するか、次のステージのマウスピースに進むかを判断します。

Q:ティーン向けの治療計画でも、通院回数は従来の矯正方法に比べて少ないのですか?

A:はい。ティーン向けの治療計画も通常のインビザラインと同じくマウスピース矯正ですので、従来の矯正治療のように装置の調整などがほとんど必要ありません。そのため通院は治療の進捗状況の確認、アタッチメントのメンテナンス、歯のクリーニングなどで終わります。

治療のスタート時を除き、基本的には約6~8週間に1度通院して頂くことになります。

Q:歯のお手入れは簡単にできますか?

A:食事の時、歯みがきの時は、マウスピースを外してください。ですから、歯みがきも普通にして頂くことが出来ます。

従来の矯正治療のようにワイヤーとブラケットに食べ物が挟まることもありませんし、装置の着色も気にする必要がありませんから、食事も食材やメニューを選ぶことなく楽しんで頂けます。

Q:マウスピースの装着時間を守らなかった場合、治療に影響ありますか?

A:一般的に、食事と歯みがきの時間を除く1日20時間~22時間のマウスピース装着で最も効果がでるプログラムになっています。ですから、装着時間が短ければ、計画通り歯が動きません。

また、2週間という決められた期間を待つことなくそのまま次のステージに進んでしまったり、指示通りきちんと奥まで装着できていなかったりすると、ある段階でマウスピースが入らなくなったりして、初めから治療をやり直しする原因にもなります。

​計画通りの結果を得る為にも指示を守って装着してください。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now